あいかわらず不景気ですな。
不景気慣れしすぎちゃって、今が不景気かどうかも判然としないのですが、GDPも実質賃金もベッタリ地を這い、なによりも身の回りでお金があんまり動かないところを見ると、不景気なんでしょう、きっと。
いや僕が貧乏なだけかな。
で、この御本。

・お金をバラ撒けば景気はよくなる
・その原資は(銀行から信用創造を取り上げて)政府が直接お金を刷れ
・それをBI(ベーシック・インカム)みたいな形で家計へ直接ぶち込め

僕個人的にマクロ経済学はほとんど信じておらず、特に
「ひとびとがインフレ予想をするとお金を使い出す」
など人間の心の動きを持ち込みだすと、そこから生理的拒否反応が出て目が泳ぎ出してちゃんと読めません。
だもので間違って読んでるかもしれません。

1番めと2番めに関してちょっと知識のある人なら
「それをやると(例:軍部が軍事費のために)際限なくお金刷ってハイパーインフレが起きて終わるからだなー」
と疑問を持ちます、そこにさらっと「インフレターゲットを目標値にすればいい」とか「そのお金はBIにしか使えないようにすればいい」と言われても、「いや幾多の悲劇を乗り越えた末の妥協案が、現在の中央銀行システムであって」と反論したくなりますね。

ということはつまり、ここ、すなわち「政府がアテにならない」ってことこそが経済政策のボトルネックであって、政府がアテになれば(十分に信頼できれば)どうにでもなるんじゃないでしょうか。
日本の現状だって、じゃぶじゃぶ注ぎ込まれてるはずのお金を、人々が、そして企業が使わないのは、結局先行きに不安があるから、で、その不安を(ある程度でも)解消できるのは(もちろんBIも含めて)政策しか無い。
のかな?

それから、BI自体には大賛成ですが、あれもやってみればいま想像するほど魔法の杖ではない気がします。そもそも貨幣経済になじまない性質(お金を使うのがヘタ)とか、お金ではない部分(たとえば健康)での疎外、というのは解決してくれない。そしてそここそが「生きる」つらさ。

具体的なイメージはしづらいのですが、個人的にはBIが成立するより前に、「お金の価値がかなり低い」という状態が来ちゃって、BIと同じ効果が出ちゃう……ような気がします。
結局「暮らし」がそこにあって、人間はそれを越えることができません。
かつ、それに掛かるお金はもう随分前に(80年代中盤ぐらいで)実はサチってて(天井に突き当たってて)、付加価値みたいなところを一生懸命信じ込むことで、なんとか掛かってしまったお金の意味をごまかしている。でももうそろそろ限界。
つまり分配の問題で、総量の問題じゃないんじゃないかと。
で、その「分配」となると政府があてにならない(官僚制が自分のパートの部分最適化を志向するものであるのは物理法則つまりどうしようもないことなので、政府という組織に全体最適化を期待するのが間違っている。それは技術や知識が進めば進むほどむしろそうなる)ので、ああ、まあ、そりゃどっちにしろBIにするしかないですね。
「社会保障の文脈ではないBIの必要性」が初めて腑に落ちました。

ということで、各論はまったく理解できないのですが結論は賛成、というけったいな読書体験をしました。
わたしの理解力が足りないからかもしれないので、どうぞ気になった方は読んでみて下さい。