祝J1復帰、ということでJ1也さんに誘われて開幕戦行ってきました。迎えるは俊輔率いるジュビロ磐田、スタジアムはもちろんヤンマー、33,200人快晴。

結果は0-0。

「あのセレッソの守備が安定してる!」
決まり事があるのはもちろん、なんといっても球際が激しくなりました。去年だと走り合いに負けそうならすぐ「相手が取ったものとして」の位置に向かったりしてたのですが、今年は負けそうでもボールに向かって全力疾走。そう相手もミスるかもしれないし脚がもつれるかもしれないし。
あたりまえなんですが、これがなかなかできないんですよねえ。
真ん中4枚(DMF蛍・ソウザ、CB山下・ヨニッチ)+GK(ジンヒョン)はJ1でもやれる。両SBも開幕戦だから?自重気味だったことを差し引いても守備はよかったです。

守備が崩壊すると負けがこんでどうにもなりません。これなら残留はなんとかなりそう。

オフェンス、ジュビロがかなり引き気味でスペースを与えてくれなかったのと、こっちもボランチがあまり出ない、サイドアタックもあまり無理しない、のでちょっと消化不良というか食い足りない感じでしたが、後半途中から柿谷を左サイドハーフに回して、ちょっとおもしろくなる。
ここに清武がいたらもっとよかろう。
清武の存在は関口と水沼のお尻に火を付けてるので、それだけでも大きいです。この二人が一番燃えてた。空回り気味でしたが。

ロングカウンター・チャンスが何本かあって、万全ではないとはいえせっかく柿谷がいるんだから、もうちょいパーッと走ればもっと怖かっただろうにな、と。
まあこれももうちょっと練れていくでしょう。
桜のシーズンぐらいには。

次レッズ@埼玉。昨年の力量でいえばジュビロとは比較にならない強敵です。今年一年どんなふうに戦えるのか、試金石ですね。
J2・4位からのプレーオフ昇格組だということをいつも思い出して(プレーオフ昇格組はいままですべて1年でJ2に逆戻りしてきたので)謙虚にいきましょう。

なにより、去年観戦しててしょっちゅう感じた
「あーっ!もーっ!なんでそうやねん!」
というのがほとんど無くて、0-0というスコアの割に90分楽しめた、のが収穫でした。
これなら観に行く価値がある。
サッカーに限りませんが、
「やるべきことをやっている」
というのは、カンタンなようで本当に難しいですね。
なぜでしょうね。

J1也さん(同じ大学同じ学部なんス)とは試合後一杯呑みに行ってヘリコプターマニーについて殴り愛の激論を交わしました。それはまた今度。